219件中 91 - 100件表示
  • Opera

    Operaから見たW51H

    W51H / W52H / W53H / W61H / W62H / W63H / H001 / Mobile Hi-Vision CAM Wooo : 8.60Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たサーバー

    低速回線向けの表示高速化技術。Webページを表示する前にOperaのサーバーを経由してデータ圧縮することでダウンロードサイズを減らし、Flashなどのマルチメディアはクリックしなければ読み込まれないようにされている。ただし画像は再圧縮されるため画質が著しく低下する。2009年にこの機能を搭載したテスト版が公開され、バージョン10より正式に実装された。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たW53K

    W51K / MEDIA SKIN (W52K) / W53K / W61K / K002 : 8.60Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たカマス

    開発コードネームは “Barracuda”(カマスOpera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たMacintosh

    クロスプラットフォームなソフトウェアとして開発されており、デスクトップ版はWindowsやMacintosh、Linuxなどのオペレーティングシステムに対応している。また、携帯機器・デジタル家電などへの組み込みにも適しており、2000年代にはニンテンドーDSやWiiなどの各種ゲーム機、ハイビジョンテレビ、携帯電話(フィーチャーフォン)などに幅広く採用された。スマートフォン・タブレット(Android・iOS)向けの製品も提供されている。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たW47T

    W45T / DRAPE (W46T) / W47T : 8.50Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たW52T

    W51T / W52T / W53T / W54T / W55T / W56T / W61T / W62T / W64T / W65T / Sportio / T001 : 8.60Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たHTMLレンダリングエンジン

    コンピュータ用Operaの対応OSはBeOS、Linux、FreeBSD、Solaris、macOS (Intel Mac) と16ビット及び32ビットのWindowsの各オペレーティングシステム。バージョン12より、64ビット版 (Windows, Mac OS X) を提供していたが、バージョン15以降HTMLレンダリングエンジンの変更に伴い廃止された。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見た電子メールクライアント

    Operaには電子メールクライアント「Opera Mail」が内蔵されており、Operaでウェブを閲覧しながら瞬時にメール作成・閲覧・送受信が可能になっている(かつてはM2という名称が使われていたが、現在公式サイトにおいてはOpera mailとだけ表記されており、M2という名称は使われていない)。メールメッセージの保存フォーマットはmboxを採用している。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たNCSA Mosaic

    NetscapeやInternet Explorerを始めとした多くのブラウザは、初期にNCSA Mosaicを受け継ぐ形で開発されたのに対し、Operaは最初のリリースから独自に開発されてきた。このためNetscape/Mozilla、Internet Explorerに続く「第3のブラウザ」と呼ばれることがある。Opera フレッシュアイペディアより)

219件中 91 - 100件表示

「Opera」のニューストピックワード