219件中 81 - 90件表示
  • Opera

    Operaから見たMotorola A1000

    Motorola A1000 / A920 / A925Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たIntel Mac

    コンピュータ用Operaの対応OSはBeOS、Linux、FreeBSD、Solaris、macOS (Intel Mac) と16ビット及び32ビットのWindowsの各オペレーティングシステム。バージョン12より、64ビット版 (Windows, Mac OS X) を提供していたが、バージョン15以降HTMLレンダリングエンジンの変更に伴い廃止された。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たMicrosoft Windows 95

    10年前のパソコンでも動くことを目指して、プログラムコードをある程度小さくまとめることで高機能と軽量化・高速化の両立を図っているため、性能の低いマシンや古いOSを搭載したマシン(Windows 95など)でも比較的高速な動作を実現できる。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たVBScript

    後述するように、Acid2への合格などW3Cの勧告に準拠するよう努力した製品であるが、同時に他製品との互換性に配慮している部分も多い。例えば、Internet Explorerに特化して記述されたサイトにも、限定的にではあるものの対応できるようになっている(ActiveXやVBScriptなどには非対応)。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たS60

    対応する機種も異なる。Opera Mobileは、デバイスにプリインストールされているもの以外ではAndroid、S60、Windows Mobileを搭載したスマートフォン・タブレットで利用可能である。Opera Miniでは前記のものに加え、Java MEの実行ファイル(JAR形式)として入手できるほか、iOS(iPhone・iPadなど)、BlackBerry向けのバージョンがある。Opera Miniについては、Java MEを搭載していれば一部フィーチャーフォンでも利用可能である。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見た自動補完

    バージョン9.5で実装。アドレスフィールドのURLオートコンプリートと同じ感覚で履歴内のインライン検索が行える。同時期にリリースされたFirefox 3の「スマートロケーションバー」とほぼ同等の機能。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たW62T

    W51T / W52T / W53T / W54T / W55T / W56T / W61T / W62T / W64T / W65T / Sportio / T001 : 8.60Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たデータ圧縮

    低速回線向けの表示高速化技術。Webページを表示する前にOperaのサーバーを経由してデータ圧縮することでダウンロードサイズを減らし、Flashなどのマルチメディアはクリックしなければ読み込まれないようにされている。ただし画像は再圧縮されるため画質が著しく低下する。2009年にこの機能を搭載したテスト版が公開され、バージョン10より正式に実装された。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たG9

    W51S / W52S / W53S / W54S / W61S / W62S / W64S / Xmini / Premier3 / S001 / G9 / S002 / U1 / URBANO BARONE : 8.60Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たW61K

    W51K / MEDIA SKIN (W52K) / W53K / W61K / K002 : 8.60Opera フレッシュアイペディアより)

219件中 81 - 90件表示

「Opera」のニューストピックワード